カテゴリー
コラム

【コラム】肺CT検査のススメ

がんは日本人の死因で最も多い病気です。厚生労働省が2023年9月に公表した人口動態統計によると、2022年にがんで約38万人の方が亡くなっていました。この中でも肺がんは死亡者数が第1位であり、約7万6000人が肺がんで亡くなっています。男女別の死亡者数では、男性で約5万3000人(死亡率第1位)、女性で約2万3000人(死亡率第2位)でした。また、肺がんは年々増加してきており、2018年には約12万3000人(男性は約8万2000人、女性は約4万1000人)が肺がんと診断されています。

カテゴリー
お知らせ

6月の診察スケジュール

6月の診察スケジュールです。

カテゴリー
お知らせ

5/22(水) 臨時休診のお知らせ

カテゴリー
お知らせ

5月の診察スケジュール

5月の診察スケジュールです。

カテゴリー
コラム

【コラム】黄砂やPM2.5による咳・アレルギー

毎年2月頃から5月にかけて中国大陸から黄砂が運ばれてくるため、春に車や洗濯物が砂まみれになることがあります。それだけでも困りものですが、春に風邪や花粉症でもないのに咳の症状がひどくなることがあれば、黄砂やPM2.5が原因かもしれません。

カテゴリー
お知らせ

4月の診察スケジュール

4月の診察スケジュールです。

カテゴリー
コラム

【コラム】「花粉症」注意報まだまだ発令中

今年は暖冬に加えて季節外れの暖かさが影響し、スギ花粉の飛散開始が例年より早くなった所が多かったようです。九州地方は2月上旬がスギ花粉の飛散開始の予測でしたが、1月からすでに症状が出現していた方も多くおられました。スギ花粉に引き続いて、ヒノキ花粉のピークは3月中旬から4月上旬と予測されています。雨上がりの日などは花粉の飛散が多くなりますし、特に晴れて暖かい日や風が強い日は花粉の飛散量が増えますので、万全な花粉対策を心がけて下さい。

カテゴリー
お知らせ

3月の診察スケジュール

3月の診察スケジュールです。

カテゴリー
コラム

【コラム】今からでも間に合う花粉症対策

今年のスギ花粉の飛散量は、大量飛散だった昨年と比較すると少ない傾向ですが、昨年の猛暑の影響で、例年比では並からやや多いと予測されています。スギ花粉の飛散がピークを迎える時期は、2月下旬から3月上旬。ヒノキ花粉のピークの時期は、3月中旬から4月上旬の見込みです。
花粉がまだ飛散していない時期から始める初期治療のタイミングはすでに過ぎていますが、まだそれほど症状が出ていない方であれば、今からでも間に合うかもしれません。初期治療は、症状が出る前、あるいは症状が軽い時期にアレルギーの薬を使用することで、発症時期を遅らせたり、飛散ピーク時の症状を緩和することなどが期待できますので、まだ治療を開始していない方はお早めにご相談ください。

カテゴリー
お知らせ

2月の診察スケジュール

2月の診察スケジュールです。